楽天の広告です

other languages

  • Deutsch
  • English
  • Français
  • 日本語
  • Nederlands

ダイエット 健康

血糖値コントロールダイエットで楽々ダイエット!

更新日:

スポンサードリンク

血糖値コントロールダイエット

こんにちは!「気になるぞ!興味があるぞ!」のブログを書いているくらさんです。

血糖値コントロールダイエットというのを聞いたことがありますか?
これは最新式のダイエット!だそうです。

本来体糖は体を動かすエネルギーになるのですが、しかし体は血糖値が140を超えると脂肪に変えて、体に蓄積してしまうそうです。

この血糖値を140以上に上げないよう気を付けるのが「血糖値コントロールダイエット」だそうです。

これは糖質を上手にコントロールしながら、ダイエットをする事大事です。

今年の初めの1月号の AERA に記事が出ていたのでそれをまとめてみました!参考になればと思います。

血糖値コントロールダイエットは血糖値をが140以上に上がらないように気をつけながら食生活をコントロールしていくというダイエット方法です。

私も実はちょっと糖質を気をつけてみたのですけども、かなり有効なダイエットだと思います。体が調子いいんですよ。糖質オフではなく、糖質コントロールするんです。

あまり我慢もしないで済みますし、運動も嫌いな人には続けられるダイエットではないでしょうか?

例えばステーキ、焼肉、トロ、ウニ、イクラなどこのようなカロリーの高いものは、ダイエットと聞けば絶対食べてはいけないと思ってしまいますよね~。

しかし血糖値コントロールダイエットの場合は、血糖値を気をつければこのようなステーキやトロウニなども食べることができるんです!!これ素敵だと思いませんか?

つまり美味しいものを食べながら体重を減らせるという身勝手な望みを叶えてくれるダイエットなのです!!!

糖質が太るという考え方は大きな間違いなのだそうです。

お腹の周りの贅肉の犯人は脂肪ではなくて私たちの取りすぎた糖質なのです!!

糖質太るメカニズムは次の通りです:

食べたものは消費吸収の結果で分解されます。そして新しい物質に合成されるそうです。

米やパンなどの糖質はブドウ糖になったりエネルギーとして体の中で使われるのですが、過剰に糖質を摂取しすぎてしまうと血中のブドウ糖が増えてしまいます。
血糖値を正常に抑えるために膵臓からたくさんのインスリンが出て余ったブドウ糖を処理するのです。

このブドウ糖はグリコーゲンに変えられ肝臓や筋肉に蓄えられます。

しかしグリコーゲンとして体内に蓄えられる量には限りがあるので、蓄積しきれないものは中性脂肪に変えて脂肪細胞に取り込まれるのです。こわ~い。

そして体の中に蓄えきれない脂肪がぽっこりお腹に蓄えられるのです。
自分のおなかを触って思わず”これ私の取りすぎた糖分なんだ~”ってしみじみ。。納得、反省ですね。
現代の人は糖分を取りすぎてしまっているわけですよね。

たぶんこれほどたくさん糖分が食べられる時代というのはあまり今までなかったのではないでしょうか?
昔はお金持ちしか砂糖を使ったお菓子を食べれなかったからですね。。

ラーメンなどお菓子、ジュースなど糖質を過剰に含む食事は私たちの現代社会では当たり前です。みんな大好きですものね。

たくさんとも食べてしまっては確かに糖質中毒お腹の周りに着くばっかりなのでしょう。

特に私たちが空腹時に甘いものを食べるって気持ちいいんですよね。こうかっつーんと食べると気持ちいいですよね。

そしてこのような食べ過ぎてしまう事が血糖値を上げてしまい、結局太る原因になってしまうのです。

血糖値が140を超えると糖を脂肪に変えて蓄積しようとしてしまうそうです。血糖値が140を超えるのは思っているより簡単に上がってしまうそうです。

スポンサードリンク スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

だから血糖値を140以下に抑えながら食事をすれば、体に脂肪がたまることなく痩せることができるみたいです。

例えば起き抜けにたった一個のみかんを食べただけでも血糖値が88も上がって140オーバーしてしまいます。

朝のおかゆだけでも軽く140オーバー。

逆に血糖値が穏やかに上がったのがステーキや焼肉と焼酎の組み合わやせイタリアンと白ワインだそうです。

このように血糖値が上がらないようにするためには最近言われてる「ベジタリアンファースト」や「ソイファースト」の食べ方です。実践している人は多いのではないでしょうか?

つまり最初に野菜やタンパク質を食べてから炭水化物食べると糖の吸収が穏やかにして、血糖値を140超えないようにすれば、太らないわけです。

つまりビールなどラーメンを食べる前にちょっと豆乳を飲むとか、ラーメンの上にチャーシューが乗っていたら先にチャーシューを食べるとかする事が血糖値をあげないから太らない訳です!

野菜を先に食べるなどするだけでも違うそうです。これガ「ベジタブルファースト」の食べ方ですね。

ラーメンだけを食べると血糖値が何か少しラーメンを食べる前に食べたことで血糖値の上昇を151に抑えられたそうです。

この記事から最後の言葉を引用しますけれどもこ:

血糖値コントロールについてのコツは:

一度にたくさん食べるより何回かに小分けにして食べる方が血糖値口も大きく上がらずインスリンもあまり出ないので太りません

血糖値が上がっても少し歩けば徐々に下がります

間食までオッケーなんて最高!血糖値を140以上に上がらないようにコントロールしながらぜひ上手にダイエットしてみてはいかがでしょうか⁇

食べてから15分以内に少し動くのも血糖値が上がらないそうです。

血糖値をコントロールすることで他に糖質の摂り過ぎによるメンタルの不調や AGE 物質が体に溜まってしまう体の老化現象を抑えることができます。
低糖質や栄養素不足によるメンタル不調の記事にこの事が書いてあります。

またまだ記事にはまとめられていないんですけれども夜糖分を取りすぎたまま寝てしまうとそれもは物忘れなど認知症の原因になることが読んだことがあります。

まとめ

つまり私たちが糖分を摂りすぎることで体の中にはダメージしかないので、少し糖分を抑えながら体の老化を抑えて健康のために心がけることが大事かもしれません。

是非血糖値コントロールダイエットをしながら体の老化の予防ダイエットそして調子といい体を手に入れてみてくい!

この様な記事もあります:

集中力をコントロールするには血糖値コントロールと体内時計リセットが鍵になるそうです

内臓脂肪が多すぎるのは:メタボリックドミノ:大病へのリスクが増える結果に!。

感情の老化を防ごう!ボケない人はここが違うらしい!

===========================

この記事を書いた私は逗子で整体院をやっています:

ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院

ついでにドイツ語日本語の通訳、翻訳もやっています:

私翻訳しています!

キラーストレスが怖い。。

免疫力を上げながら人生を楽しむ方法について!

 

スポンサードリンク

楽天の広告です

-ダイエット, 健康
-, ,

Copyright© 気になるぞ!興味があるぞ! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.