楽天の広告です

other languages

  • Deutsch
  • English
  • Français
  • 日本語
  • Nederlands

ダイエット

ダイエットのためにも:どうしてベジタブルファーストが大事なのか?!

更新日:

スポンサードリンク

ダイエットのためにもベジタブルファーストは大事です。

ダイエットのためにもどうしてベジタブルファーストがいいのか?ベジタブルファーストについて考えてみたいと思います。

 

最近ベジタブルファーストと良く言われていますが、どうして食事の時、ごはんなど炭水化物を先に食べないで、野菜などを最初に食べる、”ベジタブル・ファースト“が大事だと言われているのでしょうか?この食べ順はGI値を意識した食べ順です。食品が体内に入り、糖に変わり、血糖値を上昇させるスピードを数値化したのがいわゆるGI値です。

スポンサードリンク

“GI値の低い食物繊維が豊富な根菜類や生野菜から食べてください。重量のあるスープや汁物を口にするのも空腹感をやわらげてくれます。次に肉やタンパク質、最後にご飯やパンなどの炭水化物を。炭水化物は精白されていない全粒粉などがおすすめです。どうしてもデザートがほしい時は食事ノ最後に。それも炭水化物を減らした上で食べてください。”
名古屋経済大学人間生活学部の早川麻里子准教授

 

“食事をすると血糖値が上昇し、脳の視床下部にある満腹中枢が刺激され、満腹になったサインを出します。一方で細胞が血糖をエネルギーとして取り込むように膵臓からインスリンが活発に分泌されます。そして時間の経過とともに糖が代謝され、血糖値が低下すると空腹を感じるようになるのです”。
総合神経内科医 日本臨床栄養協議評議員 秋葉原駅前クリニック  大和田潔院長

スポンサードリンク スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

野菜から食べると言う事は血糖値を上昇させるスピードが遅くなると言う事になります。これがポイントだそうです。GI値の低い順から食べる事で血糖値の上昇が緩やかになる訳です。満腹感と空腹感は血糖値の変動によってコントロールされているのです。

糖代謝のバランスがしっかりとてれていれば適度な空腹感と満腹感を繰り返す事が出来て、食べ過ぎる事はないそうです。でも甘い菓子パンや炭水化物が多すぎる丼ものなど清涼飲料水などを飲みすぎたりすると高血糖の状態が繰り返されて、高血糖の状態が続いてしまいます。そのせいで血糖値のわずかな低下でも食欲が病的に増えてしまう“糖質中毒”状態になりやすくなってしまいます。

過食の原因になってしまいますし、膵臓にも負担がかかり、インスリンの反応が悪くなってしまいます。このようなアンバランスな状態が糖代謝の慢性化になり、やがて糖尿病の引き金になってしまう可能性があります。ですからまずゆっくり食事のはじめは野菜から食べて、炭水化物の摂取を適度な量に保つことがダイエットと健康のためにとても大事なのです。

参照:雑誌アエラ  2016.7.25

=====================

この記事を書いた私は逗子で整体院をやっています:

ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院

ついでにドイツ語日本語の通訳、翻訳もやっています:

私翻訳しています!

スポンサードリンク

楽天の広告です

-ダイエット
-,

Copyright© 気になるぞ!興味があるぞ! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.