楽天の広告です

other languages

  • Deutsch
  • English
  • Français
  • 日本語
  • Nederlands

マインド、習慣

夜のうちにマイナス感情を消す5つの素敵な方法

更新日:

スポンサードリンク

家に帰ったら自分のやりたいなと思う事を楽しむ

一日がんばってきたら、やっぱり疲れます。ストレスだって溜まります。そこで家に帰って来てからは自分がやりたいなと思う事を楽しむ事で自分の心の中に感じている外からの圧迫感から解放する事が出来て、リラックスモードになる事が出来ます。

スポンサードリンク

何が好きですか?映画でも好きな本でもいいです。思いっきり自分の好きな事に没頭する事でいやな感情を頭の中から追い出してリセットしてください!

お風呂に入ってリラックスタイム!気分はにゅーよーく、にゅーよーく!

疲れた心と体には湯船の暖かさが最適です。お風呂はいやな感情をリセットさせてくれる最適の癒しです。高ぶっている気持も落ち着かせる事が出来て、良い睡眠にもつながります。もやもや抱えたままだと良く眠れませんよね。好きな入浴剤やアロマオイルをお風呂に入れて、好きな音楽でも聞きながらゆっくり入ると気分はリフレッシュしますよ!

自分で自分をほめてあげましょう!褒め日記を付けましょう!

いやな事があったらまずは自分で自分をほめましょう!がんばった自分をねぎらってください。褒め日記は言葉だけでなく言葉を書く事で自己肯定感を高める事が出来ます。自分に自信がなくなったら、温かい言葉を褒め日記に書いて、自分を励まして、自分を理解してあげてください。

自分が自分を一番知っていますから!一番自分が自分をほめてあげないと!これぞまさに褒め(ほめ)おパシー(ホメオパシー)!

スポンサードリンク スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
腹式呼吸でリラックス、布団に入って横たわりながらするととてもいいですよ!

どうしようもなく疲れている時は布団に横になってゆっくりと腹式呼吸をするととても気分が落ち着きます。これは取り乱すような事があった時も有効です。息を吸うよりも吐く事を長くしてください。吐く事で副交感神経が有利になって、気分が落ち着きます。眠るとき最初の5~6分うつ伏せの状態で眠ると良く眠れて疲れがとれるそうです。

目を閉じて、ポジティブないい言葉を唱えていみる、ラフターヨガをやってみる、瞑想(マインドフルネス)をする

目を閉じて、”ありがとう”とか不安を解消させるように自分にやさしい言葉で話しかけてあげましょう。眠る前に自分をネガティブな感情で頭を一杯にすると次の日、体や頭はこのいやな思いを覚えています。眠る前には出来るだけいい言葉や瞑想、ただ笑ってみるなど頭をからっぽにして、頭をスッキリさせてみてください。マインドフルネスのCDを聞きながら眠るのもいいかもしれません。

まとめ:ネガティブ感情を次の日にまで持ち越さない!

大事な事はマイナス感情を次の日にまで持ち越さないと言う事です。夜家に帰って、あれやこれや自分を追い込むようなだめだしの考えをしても、次の日このネガティブな感動をひっぱったままではパフォーマンスも気分も上がりません。夜に出来るこの5つのネガティブな感情をスッキリさせる方法で頭をリセットして、またがんばってください。

”明日があるさ明日がある・・”と失敗やマイナス感情は人生つきものです。マイナスがあふれている夜はもうのんびりリラックスをして、くよくよしない事です。自分をやさしくいたわってゆっくり眠ってください。それが一番マイナス感情を体と心の中で上手に消化する方法だと思います。

参照:もっと輝く自分になる!シンプルな習慣  宝島社

=====================

この記事を書いた私は逗子で整体院をやっています:

ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院

ついでにドイツ語日本語の通訳、翻訳もやっています:

私翻訳しています!

スポンサードリンク

楽天の広告です

-マインド、習慣
-

Copyright© 気になるぞ!興味があるぞ! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.