楽天の広告です

other languages

  • Deutsch
  • English
  • Français
  • 日本語
  • Nederlands

テレビ 食べ物色々

ステーキだって!ローストビーフだって!失敗しないでおいしく出来る凄い肉技!NHKあさイチでやっていました

更新日:

スポンサードリンク

究極のテクニックでお肉を大変身させましょう!

2016年11月29日のあさイチは11月29日が”いい肉の日”と言う事で、お肉をおいしくするテクニックを放送で取り上げていました。

スポンサードリンク

 

ステーキの焼き方

ローストビーフの焼き方

スライス肉をもっとおいしく!

お肉で美肌効果アップ!

 

と言うトピックでした

 

ステーキをおいしく!

ちょっとした工夫と焼き方だけで番組で主婦の方がステーキを焼いてくれました。普段通りの焼き方で。ああ、まずそーと思う感じでした。スーパーのステーキ肉でもおいしく焼くコツを一流シェフが伝授してくれました。

 

下ごしらえ(1):スジを裁縫ハサミで切る!

お肉を柔らかくするためには下ごしらえでスジをちゃんと切る事が大事だそうです。スジは肉と脂身の境目にあるので、そこにそってハサミでスジを切っていけばいいのです。小さな裁縫ハサミがいいんですと見せてくれました。びっくり!

 

下ごしらえ(2)   澄ましバターを用意する

お肉を香ばしく焼くために“澄ましバター”を使うといいそうです。レンジで一分バターを加熱すると出来る溶けたバターの上の透明な部分が”澄ましバター“です。下の濁り部分〟乳しょう”もちゃんと使えますので!ご安心ください。シチューなどにいれるとコクがでるそうです。

 

焼き方

 

スーパーで売っているステーキのお肉は1,5センチしか厚みがないので、両面を焼くと焼きすぎてしまいます。シェフの技は”澄ましバター“をフライパンで十分熱してからステーキをフライパンに入れて1分そのまま焼きます。焼き色がついたら、そして火を止めてからお肉をひっくり返して2分余熱で調理します。これで出来上がりです。目安としてはバターのぱちぱちと言う音が消えたらいいそうです。

 

 

ローストビーフのつくり方

 

材料

牛肉かたまり  (ロース、もも)   500グラム

塩、コショウ              適量

牛脂                  1個

サラダ油               大さじ2

水                 大さじ4

 

ソース

しょうゆ    大さじ0.5

コンソメ顆粒   小さじ1

バター      小さじ  0.5

 

 

作り方

スポンサードリンク スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  1. 肉にかなりしっかり塩、コショウで下味をつけて30分休ませます、それからフォークでお肉を柔らかくなるように良くまんべんなく刺して行きます。
  2. フライパンでお肉を入れて良く焼きます
  3. 焼き色がついたらフライパンから取り出してキッチンペーパーで余分な脂をお肉からふき取ります
  4. 牛脂をお肉に塗り込みます、そしてお肉をラップにまいてからジップロックなどの袋に入れます
  5. お湯を作ります、58度まだ温めたら火を止めてお肉を入れて、そのまま1時間じっくり余熱で温めて行きます、10分から15分に一度お湯の温度が55度以下になっていないかチェックをして、冷めて来たらお湯を少しまた温めます。58度まで

 

ソースのつくり方

  1. フライパンの油を拭いてから、肉汁とお水を加えます。加熱します。
  2. 沸騰しないようにきをつけながらソースの材料を加えます。バターが溶けたらソースをこしてソースが出来上がり。スライス肉をおいしくする技これは一流のコックさんが自分の家で料理をする時にやっているコツだそうです。ずばり昆布の顆粒の出しをお肉にかけて、味をにじませると言う事でした。まだ食べていませんがすごくおいしいそうにリポーターが食べていました。昆布のうまみが肉のうまみをまた引き立ててくれるそうです。     素晴らしいですね。いいお肉!食べてルンルンしましょう。

女性はお肉を食べて美肌になるべし!

女性の多くの方は“お肉は太るからだめ”と思っている方が多いようですが、管理栄養士の伊達知美さんは”女性こそしっかりとお肉を食べるべきです、できれば赤身のお肉を!“と言っています。タンパク質は体内に吸収されると生命維持のために大事な内臓などに使われます。そのため摂取量が不足すると生命維持に関係ない肌や髪などへの供給は後回しに体はします。だから足りない人は肌やかみの毛が弱いのでしょう。いつまでも美しくありたい女性にとってタンパク質不足はだからよくないのです。そのためにもしっかりとお肉を食べて、体を中から美しくしましょう!と言う事なのです、赤肉が特におすすめな理由は”ヘム鉄“が豊富で貧血予防にもなるからだそうです。そして”L・カルニチン“という物質も赤肉に豊富で、この物質は脂肪燃焼をサポートしてくれるそうです。食べる量は1っ週間で手のひら三枚分食べるのが適量に目安だそうです。

お肉とパプリカに組み合わせが美しさをさらにパワーアップさせてくれるそうです

パプリカはビタミンCが豊富です、髪や肌に必要なコラーゲンを作るためにはタンパク質とビタミンCがなければなりません。赤身のお肉のタンパク質とパプリカのビタミンCがコラーゲンを作り出してくれる訳ですね!

もちろんお肉ばかりでなく総合的な栄養バランスは大事です。でもお肉を食べると体が温まりますので、冬場はしっかりとお肉も食べて体を温めてあげてくださいませ!

 

=====================

この記事を書いた私は逗子で整体院をやっています:

ドイツ式カイロプラクティック逗子整体院

ついでにドイツ語日本語の通訳、翻訳もやっています:

私翻訳しています!

 

 

 

スポンサードリンク

楽天の広告です

-テレビ, 食べ物色々
-

Copyright© 気になるぞ!興味があるぞ! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.